転職活動がまったく初めての方にとっては、転職に向けてまず何をしたらいいかというところから疑問や不安があるかと思います。
医師が転職を考えたとき、最初にするべき事は医師転職サイトにまずは登録することです。

今は厚生労働省のお仕事アドバイザーのようなサービスもありますが、
専門のサイトに登録するのが無難でしょう。

 

医師転職サイトにまずは登録するのが第一のステップ

転職したいと考えていても、求人情報を手に入れない事には何も始まりません。
これまで、医師の転職は医局の人脈を生かした人づての紹介によるものがほとんどでした。
しかし、医師の転職サイトが普及するにつれ、求人情報の選び方や転職の仕方も大きく変わってきました。

これから転職を考える医師にとって、転職サイトは必要不可欠な存在です。
インターネットで検索してみると、様々な医師の転職サイトがヒットします。
その中でも自分の興味がある転職サイトをいくつかピックアップして、まずは登録してみましょう。

画像出典元:https://www.dr-10.com/

医師転職サイトでできる事とは

転職サイトでは求人の閲覧や応募ができます。
これは一般の転職サイトでも同様ですが、転職サイトの最も基本的な使い方です。
サイトに掲載されている求人を見ながら、自分の条件に合っているか、どのような求人が多いのかなど、医師の転職に関するさまざまな情報収集ができます。
気に入った求人があれば、インターネットを通してその場で応募できるのも大変便利です。

また、多くの転職サイトでは、自分の経歴や専門分野を履歴書として登録しておくことで、プロの転職コンサルタントから直接自分に合った求人オファーを受けることができます。
忙しい医師にとっては、じっくり求人情報を探す時間もなかなかありません。
そんな時に役立つのが、医師転職サイトのコンサルタントの存在です。

専門コンサルタントは転職の強い味方

転職サイトに登録すると、自分だけの専門コンサルタントやエージェントが付いてくれます。
コンサルタントは、忙しい自分に変わって求人情報を探してオファーをくれるだけでなく、自己分析の手助けや面接対策などもしてくれます。
転職サイトにまずは登録してみても、まだ転職準備や自分の明確なビジョンが定まっていない場合がほとんどです。

コンサルタントとのやり取りを重ねていくうえで、自分の転職に対するビジョンや条件を少しずつ煮詰めていかれるのが、医師転職サイトの最も大きなメリットです。
この先転職を考えるなら、少しでも早く転職サイトに登録しましょう。
自己分析を重ねながら、コンサルトと二人三脚で転職準備を進めていくのがおすすめです。