医師という職業は一般の職業に比べて専門的要素が強いため、転職についての条件も独特です。
医師の転職を成功させるためには、自分のライフスタイルやキャリアプランに合わせた転職活動が大切です。
転職サイトを利用した方の、年齢別の成功事例を集めてみました。

 

スキルアップにつながる20代の成功事例

20代の医師の方が転職を意識するのは、この先の自分の理想のキャリアプランを考え始めたころです。
臨床研修が終わり、今後のスキルアップや転科を目標にした条件選びをされる方が多く見られます。

20代後半の内科医の場合、将来開業を希望しているため、様々な症例を学び、病院の経営方針も学べる環境を条件として転職活動を行いました。
初めての転職活動に不安はあったものの、事前に専門コンサルタントが条件面での交渉を行っていたため、スムーズに面接が進み、しっかりとした教育プログラムのある病院に転職することができました。
経験の少ない20代の医師でも、専門コンサルタントとの連携で将来を見据えたスキルアップに繋がる転職ができた成功例です。

仕事とプライベートの充実も可能な30代の成功事例

30代になると、より専門分野を極めた仕事がしたいという方と、プライベートも大切にしたいという方で、転職の選び方条件も二極化してきます。
それまで総合病院で激務に追われていた30代の医師の場合、家族と顔を合わせられるのは月に数日ほどという状況でした。
そのため、家族とプライベートの時間をもっと過ごせる勤務体系を条件にし、転職サイトに登録。

その結果、給与は前職よりも下がりましたが、シフト制勤務でプライベートの時間もしっかりとれる、ゆとりある職場に転職することができました。

仕事のやりがいを探すための40代の成功事例

40代の医師の転職は、これまで以上に仕事へのやりがいや待遇面の向上を求める方が多い傾向にあります。
職場の雰囲気や給与の待遇、働き方など、40代の医師が転職に求める者はさまざまです。
引用:医師転職ドットコム

例えば、都内に勤務するとある消火器内科専門医は、総合病院の派閥や人間関係につかれ、もっと患者と密接に向き合えるやりがいのある職場を条件に、転職活動を行いました。
コンサルタントに紹介された病院は小規模だったため最初は不安を感じたものの、面接を重ねる上で、自分の希望にぴったり合った職場だとわかりました。
さらに待遇面も大幅に向上し、40代で転職に踏み切った方でも成功できるという選び方の好例です。