医師に限らず、転職するならより条件の良い職場を選びたいと思うのは当然です。
自分の希望に沿って転職活動をスムーズに行うためには、キャリアと目的に合わせて動くことが不可欠です。
失敗しない転職活動のための考え方について考えてみましょう。

 

自分の将来を見据えた自己決定が重要

これまで、医師のキャリアプランは、医学部を卒業した後に医局に所属し、組織の流れに乗って自分のキャリアを築いていくというものがほとんどでした。
人間関係や医局とのしがらみに揉まれつつ、受動的に医師としての経験を積み重ねていくというのは、もう過去の話です。

医師の活躍の場が多岐に広がり、大学医局に所属しないという選択肢も一般的となった現代では、自分の将来をどのように自己決定していくかという力が求められます。
転職活動を成功させる医師は、自分の将来の目的がしっかりしている方がほとんどです。

自分が何をやりたいのか、この先どういったキャリアを築いていきたいのかを明確にさせる事が、失敗しない転職活動の第一歩です。

転職に対してポジティブなビジョンを持つ

よく「今の職場は合わない気がする」「待遇になんとなく不満がある」など、漠然とした理由で転職を望む方がいます。
こうしたネガティブな転職理由は、失敗の元です。こうした理由で転職しても、次の職場でまた同じことを繰り返す場合がほとんどです。

転職活動を成功させるためには「専門分野の知識を高めたい」「開業という目標に向けて経験を積みたい」など、ポジティブなビジョンが必要です。
自分の目指すことが明確になっているほど、専門コンサルタントもより条件に合った求人を探しやすくなります。

専門コンサルタントとのやり取りからイメージを固める

転職をしたいと思っていても、まだ明確な目標やイメージがないという方も多いです。
しかし、自分の意思が固まっていないまま転職活動を行っても、後で後悔することになる場合がほとんどです。

医師の転職サイトのコンサルタントは、転職に対する漠然としたイメージを明確にさせる手助けをしてくれます。
転職を考えるきっかけは人それぞれ違います。
コンサルタントとのやり取りを重ねたうえで、本当に自分がやりたかった目的を見つけて転職に成功したという方は数多くいます。
転職を意識したら、まずは医師の求人を扱う専門サイトに登録し、少しずつ自分のキャリアプランや目的意識を高めていくのがいいでしょう。