新卒の就職活動でも、転職活動でも、自己分析は就活の基本中の基本です。
もちろん、医師の転職も例外ではありません。
自分の強みと弱みをしっかり見極め、最も自分の能力を活かせる職場を見つけることが、成功する転職活動に繋がります。
今回は、転職活動における医師の自己分析について解説します。

 

自分の強みと弱みを転職活動に活かす

自己分析は、これから転職活動を始める上で最も基本的なステップです。
自分がこれまでどんなキャリアを築いてきたか、どのような目的を持っているのかをはじめ、強みと弱みを徹底的に分析します。

自己を振り返る事で、これから先の目標が明確になり、より転職活動がやりやすくなります。
また、転職先に自分の事を伝えるためにも、明確に自分の良さを伝える事ができるため、大きな武器になるのです。

自分を客観的に見て己を整理する

自分の持つ強みや弱みを分析することで、転職の成功率はぐっと高まります。
とはいえ、どのようにして自己分析をすればいいかというのは、意外と難しいものです。

特に医師の場合は、医局に長年所属していたり、同じ病院に長く勤務していたりするケースが多く、業界の中で自分がどの程度の市場価値があるのかを把握するのが困難です。
自分の考えや目的を分析していけば、転職をしたい理由や目的が明らかになります。
具体的には、まず自分の現状をとにかく書き出してみるのがおすすめです。
これまで自分が何を経験してきたか、得意分野、苦手分野など、項目ごとに自分に関するあらゆる情報を書き出します。

また、現在の職場に対する不満、将来のビジョンなど、自分の状況をどう変えたいのかという分析も大切です。
マインドマップなどを使い、客観的に自分のキャリアを整理していくことで、少しずつ自分が見えてきます。

専門コンサルタントが自己分析の手助けに

転職するのに自分を知る事は欠かせませんが、自己流のやり方ではなかなかうまくいかないということもあります。
特に、転職活動が初めての方にとっては、まず己を知るということが大きな壁となります。
多忙な医師にとって、じっくりと自分と向き合って分析する時間をとるのはなかなか難しい事です。

そんな時に役立つのが、医師の転職専門のコンサルタントの存在です。
コンサルタントは、客観的な視点から、あなたの持つ強みと弱みを分析し、適正な市場価値を判断してくれます。
その情報をもとに、条件に最も近い求人情報を探してくれるため、一人で転職活動を行うよりも効率は良くなり、成功率もアップします。
医師の転職を成功させるためには、専門コンサルタントとの二人三脚がおすすめです。