医師が転職する上で、転職サイトへの登録はもはや常識です。
転職サイトを利用する上で重要なのが、コンサルタントとの付き合い方です。
自分と相性の良いコンサルタントを見つけられるかどうかが、成功する転職に繋がる秘訣です。
コンサルタントとの付き合い方が上手くいく重要なポイントについて解説します。

 

コンサルタントとの相性は転職活動を左右する

医師の転職サイトに登録すると、転職活動を手助けしてくれるコンサルタントやエージェントといった存在が付いてくれます。
自分の希望条件や実績に合わせて的確な求人情報を選ぶ、転職先との条件交渉など、転職活動を自分に成り代わって動いてくれます。

しかし、相手も人間です。
それぞれの個性によって、自分との相性の良し悪しはどうしてもあります。
自分に合った相手が見つかれば、転職活動は勝ったも同然です。
相性の良い相手を見つけるためには、転職サイトに複数登録するのをおすすめします。
2~3社の転職サイトの中から、自分に合った担当者を見つけましょう。

転職活動の主導権はあくまで自分に置く

初めての転職活動で失敗しがちなのは、全て担当者の言いなりになってしまい、自分の市場価値に見合わない求人に応募してしまうことです。
転職活動においては、あくまで自分に主導権があるということを忘れないようにするのが上手な付き合い方です。

転職サイトは、あなたの転職が成功するための手助けをしてくれますが、自社サイトを通じて転職を成功させて利益を上げるのが目的です。
そのため、相性の良くない転職サイトに当たってしまうと、自分の意にそぐわない条件でも言葉巧みに押し切られてしまう場合があります。
そうした事態を避けるためにも、転職サイトには複数登録し「条件が合わなければ他のサイトをいつでも利用できる」というスタンスでいる事は重要です。

任せる部分は思い切って一任してしまうべき理由

ほとんどの場合、医師の転職活動をしている方の多くは、勤務を続けたまま次の職場を探している状況です。
ただでさえ忙しいのに、転職活動に割く時間などほとんどないというのが実情でしょう。

医師の転職サイトは、そうした医師のライフスタイルについても熟知しています。
そのため、転職活動において、任せられる部分はすべて自分の担当者に一任してしまう方が効率的なのです。
転職には、求人の情報集め、面接の日程調整、条件面での交渉など、非常に細かい雑務がつきものです。

そうした雑務を任せてしまえば、自分は空いた時間を自己分析や面接対策に当てられるため、転職の成功率も結果的に上がります。
限られた時間を有効に使うために、上手な付き合い方をするのが重要です。